2011年8月23日火曜日

auの夏モデルのスマートフォンがここにきて売れていないらしい噂

噂というか、今週(8月23日現在)のランキングを見てみると、売れているのはINFOBAR A01のみ。
しかも、docomoのXPRIA Acro、GALAXY S2やiPhone4に大きく引き離されている様子です。

「え?auのAcroは?G'z Oneは?」と思いますよね…。

色々原因はあると思います。

① 販売するショップのスキルが低い気がする。
…これは凄く思います。docomoやSoftBankに比べて自社販売製品のスキルが低いような気がします(詳しいスタッフのショップもありますが、大多数がそんな感じ)。「これで勧めきれるの?売ったあとケア出来るの?」という感じです。auに関しては「ケータイ」としてスマホを売ってる感がするんです。

② そもそもの客層が違う気がする。
…「0円ケータイ無いの?」という風なお客さんがスマホにお金をかけてでも買うという価値観は無いと思うんです。auの販売パターンは1つ前のモデルが叩き売りになったときに売れる傾向があり、これでは最新のスマホが売れるわけもないと思います。

③ 製品ラインナップがおかしい。
…これは夏モデル発表の時に思ってました。メイン端末がINFOBARなのはわかります。が、よく見ると国産メーカー端末だらけなんです。よくよく考えてみるとdocomoで売れているのはXPERIAとGALAXYシリーズ、SoftBankはiPhoneシリーズです。これって海外メーカーの最新ハイスペック端末なんです。
「ん?auにはEVOがあるけど売れてないじゃん?」と思うでしょ?EVOは実は海外ではauが発売する約1年前には登場していた端末。最新のハイスペックではなかったのです。
「ではAcroはどう説明するの?」となるでしょうが、キャリアメールが使えないアドバンテージは大きく、キャリアメール対応まで耐え切れず安売りしてしまう始末ですから、auで海外メーカー製最新ハイスペック端末がブレイクするなんて程遠い事をしちゃってる気がします。
「うちは国産技術で凄いでしょ?ワンセグオサイフセキガイセンありまーす!」なんてスマホの本質を忘れてガラケー(フィーチャーフォン)化を堂々と言えてる時点で売れないのはわかりきってると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。