2011年6月17日金曜日

全部入りがそんなに偉いのか?

あくまで今回のブログは私の個人的な意見です。

常々考えていることなのですが、スマホのいわゆる「全部入り」って絶対なのでしょうか?
(ここで言う「全部入り」=「ワンセグ・お財布機能・赤外線・高画質カメラ」)

私は全部は要らないと思ってます。

全部入りは個人的に大歓迎なんです。全部入っているにこしたことはありません。
でも、その為にレスポンスや使い勝手を犠牲にしてたり、アップデートを困難にしているとしたら、どうなんでしょう?

私はスマートフォンの一番の魅力は、自由度の高い カスタマイズ性だと思ってます。
一般的なカスタマイズ性を支えるのはアプリです。
Android端末はOSやシステムに関する基本的な情報が公開されているため、ドコモ、au、SoftBank各社からリリースされているどの端末でも、同じようにアプリが使えます。
ですが、Android2.3専用に開発されたアプリは2.2や2.1搭載の端末で動くとは限りません。
チップセットがデュアルコアの端末のようにシングルコアの端末がレスポンスよくアプリを動作させるとは限りません。

全部入りでレスポンスを犠牲にした端末はスマートフォンがスマートフォンである最大の特徴を困難にしていると私は思っています。。
日本固有の「全部入り」機能を搭載した端末=「フィーチャーフォン」なんではないかと。
結局、フィーチャーフォンをメーカーやキャリアさんはスマートフォンを使って作りたいんではないかと。

メーカーやキャリアの関係者さんに聞くと「それが購入の決め手になる」というリサーチ結果が出ていると言われます。
ですが実際に活用できているユーザーの意見は届いてるのかなと疑問に思うことがあるんです。
私の周りのユーザーの方々は先ず1番にレスポンスを重要視しています。
日々、サクサク動くよう創意工夫しています。

買う前はフィーチャーフォンの基準で決めるかもしれませんが、買った後はスマートフォンの基準になるのではないかと。
買った後の試行錯誤や後悔はキャリアやメーカーさんはどうでもいいのかなと思うんです。

全部入りも結構です。
でも、それならサクサクと動き、確実なアップデートを約束された端末を作って提供して欲しいそう思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。