2011年6月6日月曜日

日本のメーカーも頑張っているとは思うのですが…

日本のメーカーもスマートフォンの開発を頑張っているとは思うのですが、何故か残念な所が多々あり、おすすめできないのです。

目の付け所がシャープなメーカーさんは余計な3Dなんかを搭載してバッテリーやレスポンスを殺しちゃうし、テレビブランドの冠で着飾った端末はOSのアップデート失敗しちゃうし…。
林檎な端末メーカーさんはきっとライバル視もしてないことでしょう。

あ、あくまでこれは私の個人的な意見なので、気を悪くされた方がいらっしゃいったらごめんなさい。

日本のメーカーは差別化が下手なんでしょうね。
差別化は端末の個性です。
では、ワンセグも赤外線もオサイフ機能も3D液晶も無いDesireHDやGALAXY S、XPERIA arcは個性が無いんでしょうか?
日本のメーカーは日本固有の機能を搭載した端末を作らないと海外メーカーと日本国内で勝負出来ないんでしょうか?
自信が無いんでしょうか?
それが必要だからと言うのなら国内メーカーの端末は売れないというのならフィーチャーフォンはiPhoneやGALAXY Sという黒船を退けられてたでしょう。

なぜデザインや拡張性は無視するんでしょうか?
スマートフォンの機能の1つ、アップデートをしにくくした端末は日本人に適してるのですか?

その答えとなる端末の1つが出ます。
INFOBARです。
デザインや企画はKDDIですが端末を開発したのはシャープです。お財布やワンセグ、赤外線は搭載されていますが、お家芸の3Dは搭載されていません。
この端末はデザイン重視で開発されたであろう端末です。
機能てんこ盛りの日本メーカーの流れとはまったく逆のラインだと言えるでしょう。
この端末がもし爆発的なヒットをしたら、日本メーカーの「機能重視」の概念は否定されることになるのではないでしょうか?

私は今年の夏モデルがGYALAXY S2とINFOBARが大ヒットしてくれるのをせつに願っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。