2010年9月13日月曜日

root化をしたら、お気軽に絵文字入り日本語フォント化!?

おかしな中華フォント(輸入SIMロックフリー端末はこのフォントになってしまう場合が多い)のトラデザのMilestone君とMilestoneXT701君をお気軽に絵文字入り日本語フォントにしてみました。

海外製の端末を日本で使う為に「MoreLocale2」で日本語化した端末は「直」等の文字が中華フォントなので違和感をおぼえます。そこで正常な日本語漢字にするためフォントの入れ替え(書き換え)作業が必要となります。ついでに絵文字も実装したいので、ネット上にあるフリーのNOKIA用の絵文字入り日本語フォントに書き換える事にしました。

え〜やり方としてはRootを化してフォントファイルを書き換えてコマンドゴニュゴニョ…という説明が色んなブログに書いてあるのですが、今回は少し手抜きで書き換えました。

※ この方法で失敗をしても責任はとれません。あくまで「このような方法もある」という私的な記録として書いてます。もし、実行されて失敗をされても当方は一切責任を負いかねます。また質問にもお答え出来ません。

Univasal Androot等でRoot化。その他の方法でもOKw

② アンドロイドマーケットで「Type Fresh」と「AndExplorer」をDLして端末にインストールしておく。

NOKIA用絵文字入り日本語フォントをPCでDLして、解凍し、マイクロSDにコピー。端末の方でType Freshを起動し、書き換えたいフォントをタップして、マイクロSDに書き込んだ日本語フォントを自動的に立ち上がったAndExplorerで指定します。その後、メニューキーから[Apply fonts]をタップし、再起動。上手くいけば日本語が書き変わってます。ただし失敗するととんでもない事になるので、フォント書き換え前にType Freshで現状のフォントのバックアップをとっておきましょう!(汗)

Milestoneの場合、書き換えを指定するフォントは「DroidSansFallback.trf」でした。MilestoneXT701は「MHeiC-Medium-BigHKSCC.trf」と「MHeiMedium18030C.trf」の両フォントを書き換えて成功しました。
ここらへん、基本的に「DroidSansFallback.trf」を書き換えると良いらしいのですが、機種によってはXT701の様に違うフォントの可能性もあるので、色々試す必要があります。なのでフォントのバックアップは保険の意味でも必須の作業になります。

なお、書き換えに指定したノキア用の絵文字入り日本語フォントは「M_1MIN_IPAG_nokiaemoji.trf」です。


左の様にモノクロですがSoftBankの絵文字が送受信にも利用出来る様になりました。日本語も変な中華フォントの漢字ではなくなりました。

ただし、絵文字を送信で利用する場合はSimejiのマッシュルームの「Kaomoji List」等で使うことになります。

銀SIM使用のMilestoneXT701や黒SIMのMilestoneからSBケータイへの送受信はEmail、SMSともにOKでした。AUへはNG。docomoへは一部でOKのようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。