2010年7月30日金曜日

twitter依存しない。

スマートフォンの普及によりtwitterが身近なものになりました。

便利です。
横になって寝ながら出来ます。
テレビ見ながら出来ます。
風呂に入りながら出来ます(防水しないといけないけど)。

でも手軽になったぶん、依存してると思いませんか?
僕は自分が「依存してたんだ」と最近気がついて控える様にしました。

冷静に、第三者的に自分のしている事を考えてみると恥ずかしくなったんです。
リビングでしてるし、飯食ったらすぐしてるし、寝る寸前までしてるし。
スマートフォンにプッシュ配信で届くtwitterの通知に敏感になってるし。

冷静に考えたら、おかしくないですかね?
何事もメリットもあれば、デメリットもあります。
しかし、依存的になったらデメリットの方が大きい。

ある知人に言われたんです。
「頻繁にRTやDMしてる人とは会ってない?」と。
確かにその通りだったんです。
「あ!メールや電話で良いんだと」そう気がつきました。
真に連絡や情報交換したい人とは会いに行ったり、遠方の知人には電話やメール、百歩譲ってDMで良いんです。

寧ろその事より、最近のtwitterは「寂しくてしている」って感じがしませんか?
「誰かにかまって欲しいからする」そんな気がしてならないんです。
勿論、自分の事です(笑)どこかの誰かさんではありません。
更にその先に、最近は「自己顕示欲の主張」になってたりしてる気がします。

まあ、他にも理由は諸々あるんですが、僕はもう「そこそこで良い」感じがしてtwitterを控える(付き合いもあるので完全に辞めませんが)事にしました。

みなさんも、一度、良く考えられてみてはいかがでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。